虫歯予防の正しい方法とは

>

医師に口内を診てもらう

悪化させないように

虫歯は、自然に治ることはありません。
治療せずに放置すると悪化して大きな痛みを発症したり、最終的に歯を抜かなければいけない事態に陥ったりします。
すると身体に与える負担が大きいですし、大がかりな治療が必要なので高額な料金が発生します。
少しでも負担を削減するために、虫歯の初期症状のうちに治療してください。

まだ自覚症状がない初期に気づくには、歯医者での定期検診が必須です。
検診では、医師が口内を隅々までチェックしてくれます。
医師なら小さな虫歯でも気づいてくれますし、口内をクリーニングしてもらうことが可能です。
歯にこびりついた汚れは、普段の歯磨きでは落とせません。
ですからクリーニングを受けて、口内を綺麗にしましょう。

おすすめの歯磨き粉

医師に、おすすめの歯磨き粉を聞くのがおすすめです。
虫歯の予防にはフッ素が含まれる製品が良いと言われますが、中には歯周病を予防したり知覚過敏を改善したり、ホワイトニングをしたい人もいるでしょう。
それぞれによっておすすめの歯磨き粉が異なるので、自分の希望を医師に伝えてください。

また普段から気を付けているのに虫歯になってしまう人は、歯の磨き方が間違っていることが考えられます。
奥歯や歯の裏側が疎かになっていたり、磨く時間が短かったりするのかもしれません。
そこで医師に、普段の歯磨きの様子を伝えてください。
すると医師は問題点を見つけ、もっと効果のある歯磨きにするにはどうすれば良いのかアドバイスをしてくれます。